読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafuconti1ha’s blog

ネットで好評な商品・サービスについて、記事を書いてみました。

頭皮のニオイ、フケ・かゆみに悩む方々の役に立つボディケア商品 について

頭皮のニオイ、フケ・かゆみに悩む方々の役に立つボディケア商品が話題になっているようです。
洗浄→抗炎症→コーティング によって効果を発揮するそうです。

 

朝起きると枕から嫌なニオイ・・・そんな方へおすすめの柿のさちスカルプシャンプー&コンディショナー

 


その特徴をまとめてみました。

【1洗浄】細かな炭の粒子が頭皮に詰まった汚れや、古い角質を吸着し、頭皮を清浄します。
【2抗炎症】有効成分/グリチルリチン酸ジカリウム/医薬部外品成分が頭皮の炎症を防ぎ、ニオイの発生しない頭皮環境を整える。
【3コーティング】
柿渋に含まれる保湿成分「カキタンニン」が、毛髪・頭を潤いでコーティングする。
柿タンニンは、緑茶のタンニンよりも防臭作用が高い研究結果があるそうです。

接客や営業の仕事をされている方は勿論、内勤の方でも「自分の臭い」で周りの人達に迷惑をかけていないか、気になるところです。
自覚しづらい「自分の臭い」をしっかりケアできると安心ですね。

(ご参考:ノネナール/体臭・加齢臭の主な原因)
毛穴などに詰まった「皮脂汚れ」が紫外線によって酸化→細菌(バクテリア)が繁殖・発酵→ノネナールという悪臭成分が発生。
人は40歳を過ぎた頃から、この皮脂の酸化への抵抗力が弱くなってしまう。

(ご参考:ノネナール/加齢臭の原因 について)
ノネナールは、加齢臭の原因となる脂肪酸と酸化した脂質が合わさることで生じる物質。
加齢と共に/40歳~ 酸化を抑制する力は弱くなる為、ノネナールは増えていく。

(ご参考:生活習慣等の改善項目)
・脂質の摂取を控え、抗酸化作用/活性酸素発生→体の細胞が壊されて老化する事 のある食品を摂取する。(ビタミンC、ビタミンE等)
・ストレス対策をたてる。食生活の見直しを行う。有酸素運動を習慣化する。
・動物性脂肪が少ない和食中心の食生活に改める。
・抗酸化作用のあるビタミンCを破壊してしまう喫煙を控える。
・付着したノネナールをこまめに洗い落とし(入浴や洗濯)、 雑菌の繁殖を抑える。
・湯船につかって汗をかいた後に洗髪する。
・シャンプーを充分に洗い流す。残ったシャンプーは雑菌が繁殖しやすく、臭いの原因になる。
・髪の毛をドライヤーで充分に乾かす。水分が残っていると、雑菌が増殖する。
・衣類は清潔なものを着用する。