読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cafuconti1ha’s blog

ネットで好評な商品・サービスについて、記事を書いてみました。

赤ちゃん用歯磨きジェル / Dolci Bolle について

赤ちゃん用歯磨きジェルの利用が増えているみたいです。

 

母乳・ミルクで虫歯は発生せず、また唾液の自浄作用により口内は綺麗だそうです。
ですが6か月位から歯が生え始め、ママは赤ちゃんの歯磨き習慣が身につくよう段取りをする必要があります。


でも
1歯ブラシや指が口に入る事を赤ちゃんが嫌がる。歯磨きを拒絶する。
2ベビートゥースジェル等を飲み込んだり、口をうまくゆすげず口内に残っても大丈夫なのか。
といった悩みがあるようです。


この為
食品レベルの原料を使用するので、うがいができない・うがいがうまくできない為に飲み込んだり口の中に残っても安心なものが使いやすいですね。
(例:口内を清潔に保つ珪素、非加熱天然水、食べカス等に絡んで汚れを落とし易くするアルギン酸Na等)

 

食品レベルの原料で作られた赤ちゃん用歯磨きジェル

 

(ご参考1:先輩ママ達の知恵/この時期に赤ちゃんを歯ブラシに慣れさせるには?)
・濡らしたガーゼ・ティッシュタイプの歯磨きペーパーをママの指に巻いて、歯を拭いてあげる。
・先端がシリコンやゴム状の歯ブラシ・口にくわえるだけの歯ブラシを持たせて、口の中で遊ばせる。そのあとママがガーゼで拭く。
・素磨き・ベビートゥースジェル を使って磨く→ジェルだと歯磨きを嫌がらなくなった。口をゆすぐ事が不要なので寝ている間に使える。
2大人と同じ形状の歯ブラシを使い始めたらうがい不要なフッ素コーティング液を使って磨く→うがいができるようになったら歯磨き粉を使う。

 

(ご参考2:赤ちゃんの虫歯発生の仕組み)
赤ちゃんの虫歯は、パパ・ママのキスや大人が使ったお箸などでミュータンス菌(虫歯菌)が移り、食べ物等に含まれる糖をエサに酸を生成します。
以上によって歯が溶けて虫歯になったり、歯垢の発生から歯肉炎になったりするそうです。

マルチピュア / 浄水器 について

マルチピュア(各社共通カートリッジ/CB6PB) という浄水器

話題になっているようです。


浄水器を買う際、安全基準 が重視されるのですが、マルチピュアはNSF認証をクリアしています。


NSF認証とは公衆衛生に関連した製品やシステムの規格開発・認証機関です。(National Sanitation Foundation International 国際衛生財団(公衆衛生規格認定機関))
浄水器のNSF認証は現在、浄水器の国際的な規格として浸透しています。日本の水道水水質基準/JISS3201規格を比較してみると
NSF基準:塩素等89項目 > JISS:現在46項目 との事で、だいぶ項目数に差があります。
NSF基準を満たすマルチピュアは塩素の他、金属(臭)・原虫・放射性物質の除去ができます。
(原虫とは?:菌類とは異なる微生物で、寄生性・病原性がある微生物を指します。)

またマルチピュアは、アレルギー症の原因のひとつである、水道水中の微量な化学物質をとりのぞく事が出来ます。
小さい子供さんがいるご家庭や、飲食店・料理店で、安心安全な水を使うことができますね。

この浄水器は、既にお持ちのシンク下浄水器に使える点/低コストで交換できる点も喜ばれているみたいです。(クリンスイINAX等から交換)

 

各社共通カートリッジCB6PB
カートリッジ交換だけで、お持ちの浄水器が世界水準の浄水能力に変わります。

 


ビルトイン浄水器を丸ごと取り換えるとそれなりの費用がかかってくるので、ありがたいですね。

 認知症に悩む方・ご家族の介護に悩む方が注目しているサプリメント について

 認知症に悩む方・ご家族の介護に悩む方が注目しているサプリメント/プラズマローゲンEX の紹介です。
セールスポイントは次の通りです。

1 ホタテ由来成分の従来品と異なり、国産鶏ムネ肉由来の成分を使用(貝毒リスクへの配慮)。
2 従来品以上のコストパフォーマンスを追求。
3 初回購入につき45日返金保証を付与。
4 有効成分について、NHK等のニュースで報道される。

有効成分の口コミ情報が豊富な点も良好です。成分の有効性を示す研究結果がもっと増えていけば、より期待できると考えます。

認知症ケアサプリメント


 以下は、認知症・MCI軽度認知症に関する幾つかのキーワードをまとめたものです。参考になれば幸いです。

【プラズマローゲン】
プラズマローゲンとは抗酸化作用を持ったリン脂質の一種です。プラズマローゲンは哺乳動物の全ての組織に存在しています。
人体においては、脳神経細胞、心筋等に多く含まれ、記憶機能・思考機能を制御する事が判ってきたそうです。
脳へのストレス・加齢により減少するプラズマローゲンを補う事で、脳の機能を活性化させる事が期待されています。

【商品開発者のコメント/抜粋】
しかし、ようやく発見した成分「プラズマローゲン」は、非常に高価でした。それでは意味が無い。
家族で穏やかに暮らしたい。いつまでも仲良く幸せに過ごしたい。
1人でも多くそんな想いをお持ちの方を、このプラズマローゲンでサポートできれば、これほど研究者冥利に尽きる事はございません。

【プラズマローゲン研究機関による報告】
1 アルツハイマー病患者の血液で、体内のプラズマローゲンが減少している事が報告される。
2 プラズマローゲンを補給により、脳内情報伝達の円滑化・脳疲労の予防・緩和の研究が進められている。
3 ホタテ由来プラズマローゲンがアルツハイマー病に有効である事が報告される。その内容がNHKのニュース等で報道される。
4 アルツハイマー病モデルマウスによる実験においてプラズマローゲンは、海馬神経細胞の新生・βアミロイドによる認知学習障害の改善等が報告される。

【抗酸化作用】
人体が酸素を取り入れてエネルギーを作る時、その過程で一部の酸素が酸化力の強い活性酸素が生成されます。
増加した活性酸素は、血管や細胞を傷つけ体の内側を酸化(=サビる)させ、動脈硬化など生活習慣病の原因となるそうです。
私たちの体は活性酸素を抑える抗酸化酵素を持っているが、加齢によりその量は減少する。
この為、抗酸化作用のある食品等の摂取・活性酸素増加を抑える生活習慣の見直しが重要であるといわれています。


【MCI/軽度認知障害
病院、記憶検査・認知症検査を受けると、認知症ではなくMCI(軽度認知障害)であるという診断がおりる事があります。
MCIとは、物忘れ等記憶障害が目立つが日常生活には支障がない状態で、健常者と認知症との中間にあたります。
食習慣の見直し・定期的な運動・色々な人とのコミュニケーション拡充・頭を使って行動する等、認知機能の積極活用による機能改善・維持が推奨されます。
しかし、MCIを放置する、認知機能の低下が続き5年間で約50%の人は認知症へ進行するそうです。
またMCIの多くは健忘型です。健忘型MCIは進行するとアルツハイマー病になることが多いそうです。
尚、厚生労働省によると、65歳以上の4人に1人がMCI等認知症予備軍と言われています。

【MCI告知に伴うメンタルのリスク】
物忘れはあっても支障なく日常生活を送っていた人が、MCIの診断を受けたことでショックを受け、、本人やその家族がうつ状態等になる事があるそうです。
本人・家族が診断を冷静に受け止める。完治が難しくても、より良い状態で過ごせるように共に考えていく。心のケアが求められていると言えます。